KOBE Biomedical Innovation 神戸医療産業都市 研究・開発事例のご紹介

cluster

医療機器Medical device

医療機器

株式会社メディカロイド

巨大な血管X 線撮影装置ではなく手術台を移動する逆転の発想 ハイブリッド手術室にロボット技術を活用

ヴェルシア手術台

広範囲な患者移動を実現する
「ヴェルシア手術台」を2017年発売

 手術室と心・脳血管X線撮影装置を組み合わせたハイブリッド手術室では、大きな血管X線撮影装置を患者側に移動して撮影・診断しつつ手術が行われています。
 株式会社メディカロイドの「ヴェルシア手術台」は、 同社の誇るロボット技術で、簡単・安全な操作を実現。手術部位など動かしたくない位置を支点として固定できるほか、スムーズな加減速で回転・移動し、手術時間の短縮にも貢献できます。また、血管X線撮影装置の移動を見込んだ空間が不要となるため、従来よりも 小さなスペースでのハイブリッド手術室設置が可能となりました。

徹底した現場リサーチをベースに
医療ロボットで医療革新をサポートする

 同社は、2013年に産業用ロボットのリーディングカンパニー・川崎重工業株式会社と、検査・診 断の技術をもち、医療分野で幅広いネットワークを持つシスメックス株式会社の共同出資によって、 医療用ロボット開発に向けたマーケティングを行う会社として設立されました。
 ヴェルシア手術台や2019年度発売をめざしている手術ロボットを含め、患者や医療現場のニーズに応える医療用ロボットの開発によって、医療革新への貢献を目指しています。

Synergy Network
田中 博文
オープンプラットフォームで国内外に連携を求める

常務取締役 田中 博文

 当社だけで医療用ロボットの開発は進められるものではありません。神戸医療産業都市推進機構からいただくご紹介は、企業、アカデミアなど多様かつ的確なものが多いのでありがたいですね。
 希望としては、病院・研究所だけでなく、ものづくりの企業がもっと増えて密に連携をとれればと思います。また、医療分野は海外の情報も重要です。海外との連携を進めるサポートもさらに期待したいです。

Synergy Network
Information

株式会社メディカロイド
〒650-0047 神戸市中央区港島南町1 丁目6-5 国際医療開発センター6F
TEL.078-303-8771

トップへ戻る