お知らせNEWS

2021.02.05

神戸医療産業都市推進機構が参加するiPS由来細胞の品質評価に関する国際コンソーシアム及びTreeFrog Therapeutics社が、「Galien MedStartup Prize」を受賞しました

  • お知らせ

詳細な内容

バイオテクノロジースタートアップのTreeFrog Therapeutics(仏国ボルドー)は、2020年10月26日にボストンで開催されたバーチャル授賞式で、名誉ある「GALIEN MEDSTARTUP賞」を受賞しました。医療目的のiPS由来の細胞を安全で安価に提供するためのハイスループットな培養技術と品質評価システムの開発を手掛けており、iPS由来細胞の品質評価に関する国際コンソーシアムであるQC-Stem1)とのパートナーシップが評価され、「BEST COLLABORATOIN IN THE PHARMACEUTICAL OR BIOTECHNOLOGY INDUSTRY」部門での受賞となりました。

同社は、クラスター推進センターのマッチングを通じ、細胞療法研究開発センターと共同研究契約の調整を進めており、そのような中での受賞は今後の研究の追い風にもなりそうです。

詳しくは2021年1月29日付けの日本向けプレスリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000073345.html

1) QC-Stem は、ハーバード幹細胞研究所、ダナ・ファーバー癌研究所(米国ボストン)、神戸医療産業都市推進機構(日本神戸)、イマジン研究所(仏国パリ)の専門家たちが参加する国際コンソーシアムで、TreeFrog Therapeutics独自のC-StemTMテクノロジーにより生産される多能性幹細胞の品質を評価します。

<参考>
※TreeFrog Therapeuticsについて
https://treefrog.fr/
※受賞内容について
https://www.fbri-kobe.org/pdf/Prix_Galien_Medstartup2020.pdf
※細胞療法研究開発センター
https://www.fbri-kobe.org/rdc/
※クラスター推進センター
https://www.fbri-kobe.org/cluster/

お知らせ配信日

2021年02月05日

入力者

神戸医療産業都市推進機構

一覧へ戻る