シード期から
アーリーステージを
重点的に支援

神戸が目指す
新たな支援の形

世界へと羽ばたくライフサイエンスベンチャーを育成するために、神戸医療産業都市が取り組む新たなスタートアップ支援の特徴は、シード期からアーリーステージを対象とした、成長段階に応じた伴走支援です。
神戸医療産業都市には、これまで培った豊富な支援実績を活かすことにより有望な開発シーズの事業化に向けて、一貫したサポートを実現しています。

MED-TECH GP

アクセラレーション
プログラム

メドテックグランプリKOBE

イノベーションを創出する
ライフサイエンスシーズが神戸に集結。

明日のイノベーターを
全力で応援します!

大学や研究機関、企業では、日々様々な「種(シーズ)」が生まれていますが、実用化に向けて芽を出すまでには、大変な努力を要します。
「メドテックグランプリKOBE」は、これら有望な研究開発シーズを発掘し、事業化まで芽吹かせるプランターとしての役割を担うアクセラレーションプログラムです。

ご紹介動画

神戸で活躍する第2回・3回のファイナリスト3名が、メドテックグランプリKOBEにエントリーしてみてどんな変化があったのか。神戸で今どんな支援を受けているのか。熱く本音を語ってくれています。また神戸のスタートアップエコシステムの内容もご紹介しています。
神戸にきたら何があるの?と思われているか方も必見です!是非ご覧ください!

お知らせ

  • 2021.10.12
    【「メドテックグランプリKOBE2021」各受賞チームが決定!】

    令和3年10月9日(土)にアクセラレーションプログラム「メドテックグランプリKOBE 2021」のデモデイ(最終選考会)を開催しました。会場ではファイナリスト12チームによる熱いプレゼンテーションが繰り広げられ、厳正な審査の結果、最優秀賞は「Staple核酸による遺伝子治療」がテーマのRNartチーム、神戸医療産業都市賞は「安全な人工ウイルスでパンデミックから世界を守る」がテーマのBio ITチームが受賞しました。
    その他各企業賞の受賞結果につきましてはこちらをご覧ください。
    またデモデイ当日のようすは、神戸経済ニュースにも掲載いただきました。掲載記事はこちらをご覧ください。

  • 2021.10.01
    「メドテックグランプリKOBE2021」デモデイを令和3年10月9日(土)に開催!

    全国の多数のエントリーから選ばれた12チームのファイナリストによるデモデイ(最終選考会)を開催します。
    詳細はこちらをご覧ください。

  • 2021.09.01
    「メドテックグランプリKOBE2021」ファイナリスト、審査員決定!

    第4回目となる今年度も全国から多数の応募があり、この度デモデイ(最終選考会)にてビジネスプランを発表する12 チームのファイナリストが決定しました。また、デモデイ当日(10月9日(土)予定)にビジネスプランの審査にあたる審査員12名も決定しました。
    詳細についてはこちらをご覧ください。

  • 2021.07.14
    「メドテックグランプリKOBE2021」エントリー締切りました!

    今回も全国からたくさんのご応募ありがとうございました。
    厳正なる審査の結果、ファイナリストが決まり次第、こちらのページでご案内いたします。
    その他デモデイに向けて、随時更新いたします。

  • 2021.6.24
    「メドテックグランプリKOBE2021」のパートナー企業9社が決定しました!

    (企業名 五十音順に掲載しております。)

    • 川崎重工業株式会社
    • シスメックス株式会社
    • 千寿製薬株式会社
    • SOMPOホールディングス株式会社
    • 大正製薬株式会社
    • 第一三共株式会社
    • 第一生命保険株式会社
    • 明治ホールディングス株式会社
    • ロート製薬株式会社

    詳細はこちらをご覧ください。

  • 2021.5.28
    【5月26日に開催した「メドテックグランプリKOBE2021セミナー」の様子が紹介されました】

    神戸経済ニュースにセミナーの様子を掲載頂きました。
    記事の内容につきましてはこちらをご覧ください。

  • 2021.5.19
    ライフサイエンススタートアップ発掘・育成プログラム
    「メドテックグランプリKOBE2021」参加チームを募集します!

    日本初となるライフサイエンス分野のスタートアップエコシステムの構築を目指す神戸市と公益財団法人神戸医療産業都市推進機構は、今年度も株式会社リバネスと連携し、創業前後のライフサイエンススタートアップ発掘と育成を目的とした「メドテックグランプリKOBE2021」を開催します。

    2021年10月9日(土)に神戸市内で開催を予定している最終選考会(デモデイ)に向けて、研究成果を社会に生かそうとする研究者やスタートアップ企業など、参加チームを募集しています。

  • 2021.5.19
    エントリーを検討されている方必見!!
    5月26日(水)メドテックグランプリKOBE2021 Webセミナーを開催します!

    多くのスタートアップにエントリー頂きたく、「メドテックグランプリKOBE2021 Webセミナー」を5月26日(水)に開催します。

    本セミナーでは、過去ファイナリストチームの中から3チームにご登壇いただき、メドテックグランプリKOBE2021に参加した経験談を交えつつ、参加後どのような変化があったのか、現在の技術紹介や目指す世界についてプレゼンテーションしていただく予定です。

    エントリーを検討中のチームや研究者の皆様、メドテック領域での新規事業創出や研究シーズ発掘を進めたい企業の皆様はまずはこちらのセミナーに奮ってご参加ください。
    「メドテックグランプリKOBE2021 Webセミナー」
    開催日時:令和3年5月26日(水)16時~17時30分
    開催方法:オンライン ※聴講無料
    対象:研究者、大学生・大学院生、企業など
    主催:神戸市、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構、株式会社リバネス

    プログラム

    16:00~16:10 開会挨拶「メドテックグランプリKOBE2021が目指す先」
     株式会社リバネス
    16:10~16:20 「神戸ライフサイエンスビジネスのエコシステム構築について」
     公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
    16:20~17:20 スタートアッププレゼン・パネルディスカッション
     Team Tear Exo、Nexuspiral株式会社、マイキャン・テクノロジーズ株式会社、
     株式会社リバネス、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
    17:20~17:30 質疑応答
    詳細・申込はこちらからお願いします。

「メドテックグランプリ KOBE2021」開催概要

  1. 応募条件
    医療・健康関係のリアルテック領域(創薬、医療機器、再生医療、ヘルスケア、研究ツール等)の技術シーズをもとに世界を変えたい、世の中をよくしたいという構想を持ち、創業あるいは新事業展開の意志がある方(研究者、大学生・大学院生、企業など)。

    書類選考にて採択されたファイナリスト12チームに対しては、デモデイに向けたプレゼン内容のブラッシュアップ支援を行い、またデモデイ後も、起業や事業化の加速に向けた継続したビジネス支援を行います。
  2. 最終選考会(デモデイ) について (10月1日更新)
    目的:事業会社、VC等とのネットワーク構築
    内容:ファイナリストによるビジネスプラン発表
    日時:令和3年10月9日(土) 13時~19時

    場所:神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホール
       (神戸市中央区港島南町7-1-48)
       ※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、変更の可能性があります。

    プログラム:12:30~13:00:開場
          13:00~13:30:開会・主催者あいさつ
          13:30~16:50:最終選考プレゼン 12チーム
          16:50~17:50:審査
          17:50~19:00:審査結果発表および表彰式
    主  催: 神戸市、(公財)神戸医療産業都市推進機構、(株)リバネス

    最優秀賞:賞金30万円+事業投資500万円を受ける権利 1件
    企業賞:賞金20万円 複数件を予定
    ファイナリストに選ばれた企業については、神戸医療産業都市推進機構・株式会社リバネスにより、事業化に向けたサポートを実施予定
  3. エントリー方法
    ウェブサイトにて、メンバー登録(ご自身のメールアドレスをご入力ください)のうえ、web フォームへの記入を行なって応募してください。(締切:2021年7月9日(金))
    ※詳細は下記ホームページをご確認ください
    https://techplanter.com/medtech/2021/

    ご案内のチラシはこちらをご覧ください。

    ※メドテックグランプリKOBE2021のエントリーは締め切りました。
    たくさんのご応募ありがとうございました。

  4. パートナー企業9社決定! (6月22日更新)
    (企業名 五十音順に掲載しております。)
    • 川崎重工業株式会社
    • シスメックス株式会社
    • 千寿製薬株式会社
    • SOMPOホールディングス株式会社
    • 大正製薬株式会社
    • 第一三共株式会社
    • 第一生命保険株式会社
    • 明治ホールディングス株式会社
    • ロート製薬株式会社
  5. ファイナリスト決定!(9月1日更新)
    デモデイ(最終選考会)にてビジネスプランを発表する12 チームのファイナリストが決定しました!
    詳細はこちらをご覧ください。

    ファイナリスト一覧(白背景は起業済チーム / 水色背景は起業前チーム)

    チーム名代表者名 テーマ
    株式会社ユニバーサル・バイオサンプリング平田 史明革新的ハイスループット検体検査システム
    HiLung株式会社伊藤 俊介幹細胞技術により呼吸器疾患創薬プロセスを革新する
    Veneno Technologies株式会社 平良 光革新的スクリーニング技術によるペプチド医薬品開発
    株式会社ミルイオン小竹 和樹毛髪検査によってあらゆる健康履歴を可視化する
    株式会社Liquid Mine岸本 倫和白血病の再発を早期に発見するモニタリング検査
    アルメッド株式会社白尾 智明ドレブリンで新たな認知症の診断薬と治療薬をつくる
    株式会社aceRNA Technologies須川 史啓mRNA医薬による生体内細胞制御・リプログラミング
    株式会社レストアビジョン堅田 侑作網膜色素変性症に対する視覚再生遺伝子治療薬の開発
    Bio IT池田 正徳安全な人工ウイルスでパンデミックから世界を守る
    RNart勝田 陽介Staple核酸による遺伝子治療
    チームAMATERAS垣塚 太志細胞レベル分解能・高速超広視野イメージングの実現
    液体肝臓小島 伸彦液体肝臓の開発
  6. 審査員決定!(9月1日更新)
    デモデイ当日(10月9日(土)予定)にビジネスプランの審査にあたる審査員12名も決定しました。
    今後の成長や事業連携の可能性も含めて審査し、最優秀賞・各企業賞を決定します。

    審査員一覧(敬称略)

    企業・団体名所属・役職氏名
    株式会社リバネス執行役員髙橋 宏之 ※
    公益財団法人
    神戸医療産業都市推進機構
    クラスター推進センター 統括監花谷 忠昭
    神奈川県立保健福祉大学大学院ヘルスイノベーション研究科 教授
    神戸医療産業都市推進機構 アドバイザー
    昌子 久仁子
    川崎重工株式会社企画本部 イノベーション部 部長大館 秀明
    シスメックス株式会社取締役 常務執行役員吉田 智一
    千寿製薬株式会社研究開発本部 総合研究所 所長礒脇 明治
    SOMPOホールディングス株式会社ヘルスケア事業開発部 課長出口 常夫
    大正製薬株式会社フロンティア・リサーチ・センター 主任平手 麻紀
    第一三共株式会社執行役員 研究開発本部 研究統括部長髙橋 亘
    第一生命ホールディングス株式会社イノベーション推進ユニット長江口 武彦
    明治ホールディングス株式会社Meiji Seika ファルマ株式会社
    取締役常務執行役員
    医薬研究開発本部長
    黒沢 亨
    ロート製薬株式会社アライアンス戦略デザイン本部
    副本部長/Chief Strategist
    兼 MGファーマ株式会社取締役社長
    墨田 康男

    ※審査員長

  7. 受賞結果 (10月12日更新)
    チーム名 テーマ 受賞
    株式会社 ユニバーサル・
    バイオサンプリング
    革新的ハイスループット検体検査システム SOMPOホールディングス賞
    HiLung株式会社 幹細胞技術により呼吸器疾患創薬プロセスを
    革新する
    シスメックス賞
    Veneno Technologies株式会社 革新的スクリーニング技術による
    ペプチド医薬品開発
    第一三共賞
    株式会社ミルイオン 毛髪検査によってあらゆる健康履歴を
    可視化する
    株式会社Liquid Mine 白血病の再発を早期に発見する
    モニタリング検査
    明治ホールディングス賞
    アルメッド株式会社 ドレブリンで新たな認知症の診断薬と
    治療薬をつくる
    第一生命ホールディングス賞
    株式会社aceRNA Technologies mRNA医薬による生体内細胞制御・
    リプログラミング
    千寿製薬賞
    株式会社レストアビジョン 網膜色素変性症に対する
    視覚再生遺伝子治療薬の開発
    カワるサキへ賞
    Bio IT 安全な人工ウイルスで
    パンデミックから世界を守る
    神戸医療産業都市賞
    RNart Staple核酸による遺伝子治療 最優秀賞 Taisho FRC賞
    チームAMATERAS 細胞レベル分解能・
    高速超広視野イメージングの実現
    Real Tech Fund賞
    液体肝臓 液体肝臓の開発 ロート賞
  8. 開催の様子(10月12日更新)

    最優秀賞(RNart)

    神戸医療産業都市賞(Bio IT)

    出場した全12チームと審査員一同

2020年度「第3回 メドテックグランプリ KOBE」開催の様子

 2020年10月10日(土)、研究開発インフラや医療・製薬系企業が集積する神戸医療産業都市 において、「第3回 メドテックグランプリ KOBE最終選考会」を開催しました。全国よりエントリー頂いた106チームの中から厳選されたファイナリスト12チームが、製薬企業、機器開発企業などを含む12名の審査員を前に、熱いプレゼンテーションを繰り広げました。
 最優秀賞は、世界中どこでも利用可能な携帯型の尿毒素除去フィルターを開発し、血液透析デバイス作りを目指すチーム「スマートポリマー」が受賞しました。
 グランプリ後は、各チームの事業化プランの実現に向けて、神戸医療産業都市推進機構のコーディネーターとリバネスのサイエンスブリッジコミュニケーターが連携し、様々な面からエントリーチームをサポートしています。

「第3回メドテックグランプリKOBE」デモデイは2020年10月10 日(土)に
神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホールにて開催しました。
開催の様子はこちらをご覧ください。

神戸の支援の強み
-経験豊富な
プロフェッショナルによる
伴走支援-

コーディネーターや外部専門家によるきめ細やかなサポートを提供し、スタートアップの事業展開を支援します。

豊富な経験を有する
プロフェッショナルな
スタッフ

コーディネーター

25

スタートアップの成長を
サポートする
外部アドバイザー

神戸医療産業都市
スタートアップサポーター

11

事業化を促進する
補助金・助成金

「神戸ライフサイエンスギャップファンド補助金」

ライフサイエンス分野のスタートアップ支援に取り組む神戸市および神戸医療産業都市推進機構は、
スタートアップ等の着実な成長を支援するため、神戸市内に拠点を有するスタートアップ企業及び起業を予定している研究者等に対し、技術シーズの実用性の検証や事業化に向けた研究開発等に要する経費を補助する「神戸ライフサイエンスギャップファンド補助金」を実施しています。
詳細はこちらをご確認ください。

※本年度の受付期間は終了致しました。次年度の申請受付がはじまりましたら、こちらでお知らせ致します。

○申請受付期間
令和3年4月1日(木)~令和3年4月26日(月)必着

制度概要

令和3年度 神戸ライフサイエンスギャップファンド補助金

1.対象者
  1. (1)下記の何れかに該当する令和3年4月1日時点で設立5年以内の企業等の法人(中小企業基本法第2条第1項各号に該当しない企業を除く)
    • 神戸市内に本社又は主たる事業所を有する法人
    • 神戸医療産業都市に拠点を有する法人
  2. (2)下記の何れかに該当し、神戸市内での創業を具体的に計画している個人
    • 神戸市内に拠点を有する大学、研究機関又は医療機関に所属する個人
    • 神戸市内に本社又は主たる事業所を有する企業等の法人に所属する個人
    • 神戸医療産業都市に拠点を有する企業等の法人に所属する個人

2.対象事業

ライフサイエンス分野における研究開発シーズの事業化を促進するために行う事業

3.補助金額等

限度額 500万円(補助率 10/10)

4.補助対象期間

令和3年4月1日から令和4年2月末日まで

関連資料

令和3年度 神戸ライフサイエンスギャップファンド補助金 交付要綱

令和3年度 神戸ライフサイエンスギャップファンド補助金 様式

令和3年度 神戸ライフサイエンスギャップファンド補助金 公募要領

〈令和3年6月24日〉交付事業者決定について

厳正な審査の結果、交付事業者が下記の4事業者に決定いたしました。
詳細につきましては、添付資料をご覧ください。

交付事業者・事業名
(交付事業者50音順)
交付事業者事業名
ハートラボ株式会社RSTによる肺炎重症化検知システムの構築
株式会社プロジェニサイトジャパンCOVID-19治療のドラッグデリバリーシステムの改良
マイキャン・テクノロジーズ株式会社重症化診断のための疑似ウィルス開発提供事業
株式会社レストアビジョン遺伝子治療薬の品質規格設計・開発

詳細資料:「令和3年度 神戸ライフサイエンスギャップファンド補助金」の交付事業者決定について

「神戸医療産業都市研究開発助成金」

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構では、神戸医療産業都市に集積した企業や研究機関・大学、医療機関等の連携融合を一層強化し、新たなイノベーションの創出を促進するため、これら企業等を対象とした「神戸医療産業都市研究開発助成金」を創設しました。
詳細はこちらをご確認ください。

※本年度の受付期間は終了致しました。次年度の申請受付がはじまりましたら、こちらでお知らせ致します。

○申請受付期間
令和3年4月5日(月)~令和3年5月12日(水)必着

制度概要

神戸医療産業都市研究開発助成金

対象者
  1. (1) 共同研究・共同事業枠
    • 神戸医療産業都市に拠点を有する大学、研究機関、医療機関または企業等の法人、もしくは神戸市内に拠点を有する大学、研究機関または医療機関

  2. (2) 若手研究者支援枠
    • 上記(1)に該当する法人に所属する、40歳未満の研究者・技術者等

対象事業
  1. (1) 共同研究・共同事業枠
    • 神戸医療産業都市の発展に資する新たな技術や製品・サービスの創出に繋がると認められ、かつ他の企業や団体(神戸市外に立地するものでも可)と共同で行われる研究・事業
      ただし、研究・事業の主要な部分を助成対象者が担うもののみ対象とします。
      ※社会情勢等を鑑み、社会貢献性が極めて高い対策(新型コロナウイルス感染症(COVID‐19))に係る新たな技術や製品・サービスの創出に繋がると認められ、かつ他の企業や団体と共同で行われる研究・事業も対象事業とします。

  2. (2) 若手研究者支援枠
    • 神戸医療産業都市の発展に資する新たな技術や製品・サービスの創出に繋がると認められる研究
      ※社会情勢等を鑑み、社会貢献性が極めて高い対策(新型コロナウイルス感染症(COVID‐19))に係る新たな技術や製品・サービスの創出に繋がると認められる研究・事業も対象事業とします。

助成金額
  1. (1) 共同研究・共同事業枠
    • 対象経費の合計額の2分の1以内(限度額1,000万円)

  2. (2) 若手研究者支援枠
    • ア 対象者が大学・研究機関・医療機関に所属する場合
      対象経費の合計額の10分の10以内(限度額250万円)

    • イ 対象者が企業に所属する場合
      対象経費の合計額の2分の1以内(限度額250万円)

助成対象期間

申請年度の4月1日から翌々年度の3月末日までの3年を上限とします。

関連資料

神戸医療産業都市研究開発助成金 交付要綱(R3.4.1更新版)

神戸医療産業都市研究開発助成金 様式(R3.4.1更新版)

[記入例]神戸医療産業都市研究開発助成金 様式(一部抜粋)

(任意様式)神戸医療産業都市研究開発助成金 支出内訳台帳

令和3年度 神戸医療産業都市研究開発助成金 公募要領

補助金・助成金

神戸医療産業都市に集積した企業や研究機関・大学、医療機関等の連携融合を一層強化し、新たなイノベーションの創出を促進するため、これら企業等を対象とした「神戸医療産業都市研究開発助成金」「神戸医療産業都市クラスター活動助成金」を2018年度より開始しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

神戸独自の
人材育成プログラム

神戸から世界へ羽ばたく人材を育成する、様々なプログラムを提供しています。

経営人材育成カリキュラム

「LIFE SCIENCE STARTUP 経営人材育成カリキュラム」
2021年度も開講いたしました!

応募方法

エントリーシートをダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、
下記問い合わせ先まで送信してください。
お問い合わせ先:keieijinzai@fbri.org

締切日:2021年9月16日(木)令和3年9月27日(月)正午まで延長します。 2021年度のお申込みは締切りました。多数のご応募ありがとうございます。 受講料:無料
定員:15名程度(申し込み多数の場合 書類選考・オンライン面談実施予定)

本カリキュラムの特徴

本年度で3回目となる本カリキュラムでは、全国的に不足が大きな課題となっているライフサイエンス分野のスタートアップの経営者候補を育てることを目的として実施しています。
毎回実シーズを用いたリアルな事業検討ができるのも魅力の一つで、今回は、神戸大学 大学院海自科学研究科の三島 智和准教授に事業検討シーズを提供いただきます。
国の補助金事業への申請に向けた申請書や事業プランを2チームにわかれて検討し、発表していただきます。
各講義でシーズホルダー(アカデミア)との調整法や、資本政策、知的財産戦略など、スタートアップ経営者に必要な知識も一つひとつ学べるカリキュラムとなっております。またAMED、JSTやNEDOと国の協力機関の方に直接ご講義もいただくので、各スタートアップ支援者と直接繋がることができるところも大きな強みです。

カリキュラム概要

講義時間 各回18:30-20:30 (※ 初回10/6のみ18:15-20:30)

10/6
Kobe

医療機器スタートアップ経営に必要な視点MedVenture Partners株式会社 代表取締役社長 大下 創

10/20
Online

ライフサイエンス・スタートアップ経営者の心得/経営者実体験大阪産業創造館 長谷川 新チーフプランナー・株式会社メディノベーションラボ 広瀬 智一

11/2
Online

JST、NEDO支援施策の理解JST・NEDO

11/17
Online

アカデミアシーズヒアリング・ロールプレイング神戸大学 坂井 貴行教授・徳島大学 井内 健介准教授

12/1
Online

実シーズ説明神戸大学 三島 智和准教授

12/15
Online

知的財産戦略の重要性理解AMED

1/12
Online

資本政策論神戸大学 忽那 憲治教授

1/26
Online

JST START※1ビジネスプラン発表①

2/9
Kobe

JST STARTビジネスプラン発表②

2/22
Online

NEDO STS※2ビジネスプラン発表①

3/9
Kobe

NEDO STSビジネスプラン発表②

  • 本プログラムは個人でエントリー頂き、カリキュラム内でチーム編成のうえ、事業検討を進めます。
    時間外の活動もございます。
  • Kobeと記載のある回 (10/6,2/9, 3/9) は、クリエイティブラボ神戸 2階 イノベーションパーク(※計算科学センター駅直結 徒歩2分)にて実施いたします。但し、新型コロナウイルスの感染状況により、オンライン開催に変更になる可能性がございます。
事業検討シーズ

神戸大学 大学院海事科学研究科 (兼)
未来医工学研究開発センター(CAMED) 三島 智和 准教授

「超音波振動を応用した医療機器 用 ワイヤレス給電システムの開発」

チラシについてはこちらをご覧ください。

昨年度(2020年度) 開催のようす

昨年度は大阪府立大学 理学系研究科生物科学専攻 藤井 郁雄教授にシーズをご提供いただき実施しました。
大学生から、医師、VC、製薬企業等様々な立場の方が受講し、半年間ともに学びました。
基本はオンラインで講義を行い、初回と最終講義はクリエイティブラボ神戸(CLIK)2Fイノベーションパークにて開催。
チームにわかれての講義外での事業検討や全体への連絡事項等ではオンラインツールを活用してコミュニケーションを図りました。
最終講義では、半年ぶりに神戸に集合し、2チームにわかれて検討を進めた最終ビジネスプランをそれぞれ発表しました。
写真はそのときのようすです。(2021年3月10日(水)実施)

チーム黒龍のメンバー
(チーム名も自分たちで決めました♪)

チームk-hawksのメンバー

ギリギリまで検討を重ねたビジネスプランの発表風景

全員そろっての集合写真。
半年間おつかれさまでした。

カリキュラム概要

10/7
Kobe

イントロダクション大阪産業創造館 長谷川 新チーフプランナー
株式会社メディノベーションラボ 廣瀬 智一

10/21
Online

支援制度理解(JST/NEDO)JST・NEDO

11/4
Online

アカデミアシーズの活用法神戸大学 坂井 貴行教授・徳島大学 井内 健介准教授

11/18
Online

シーズ探索・理解大阪府立大学 藤井 郁雄教授

12/2
Online

知財戦略の理解AMED実用化推進部

12/16
Online

資本政策論神戸大学 忽那 憲治教授

1/13
Online

資本政策シミュレーション大阪産業創造館 長谷川 新チーフプランナー

1/27
Online

JST START※1を活用した事業検討①

2/10
Online

JST STARTを活用した事業検討②

2/24
Online

NEDO STS※2を活用した事業検討①NEDO

3/10
Kobe

NEDO STSを活用した事業検討②NEDO

  • 本プログラムは個人でエントリー頂き、カリキュラム内でチーム編成のうえ、事業検討を進めます。
    時間外の活動もございます。
  • 新型コロナ感染症の感染状況により、10/7、3/10はオンライン開催に変更になる可能性がございます。
事業検討シーズ

ポスト抗体医薬:分子標的HLHペプチド「マイクロ抗体」を基盤とする
新たな中分子創薬の展開

大阪府立大学理学系研究科生物科学専攻 藤井 郁雄 教授

※HLHペプチド:
ヘリックス・ループ・ヘリックス構造を導入して立体構造を規制した35アミノ酸からなる新規設計ペプチド群

チラシについてはこちらをご覧ください。

カリキュラム概要を開く
  1. 01 知的財産戦略
  2. 02 シーズとの出会い
  3. 03 アカデミアとの調整
  4. 04 資本政策論
  5. 05 JST/NEDO 支援事業を学ぶ
  6. 06 実シーズを用いた事業検討ワークショップ

グローバル創薬開発
ワークショップ

バイエル薬品株式会社との共催により、創薬系スタートアップ企業の経営者や起業を検討されている研究者等を対象に、グローバル製薬企業における治療薬開発のプロセスを学ぶ「第1回神戸グローバル創薬開発ワークショップ」を2019年11月29日に開催しました。

神戸市、推進機構、バイエル薬品の3者で締結した、「神戸医療産業都市におけるベンチャー企業の育成・支援等に関する連携協定」に基づく具体的な取り組みとして、バイエル薬品株式会社のご協力の下、実施しました。

本ワークショップでは、バイエル本社が独自に開発したプログラムを活用し、グローバル製薬企業における開発戦略や意思決定のプロセスを体験いただきました。

第1回ワークショップの様子は、こちらをご覧ください

昨年度大変好評を頂きました、
「神戸グローバル創薬開発ワークショップ」を2020年度も開催いたします!

本年は、COVID-19の影響を考慮し、全面オンラインでの開催といたしますが、
昨年と同様、創薬系スタートアップ企業の方、今後神戸で創薬系スタートアップの起業を検討されている研究者の方、医薬品開発プロセスを勉強したいと考えておられる研究者・学生の方に、普段体験できない機会を提供できるプログラムとしております。

開催概要
日時 2021年1月29日(金)10:00~17:30
開催方法 オンライン【Zoom】
参加料 無料
定員 25名程度

*定員を超える場合は、神戸医療産業都市進出企業・団体の方を優先させていただきます。

締切日 2021年1月12日(火)
申込み方法
こちらからWEB申込みをお願いいたします。
お問い合わせ
公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構 クラスター推進センター 嶋井・岡崎
TEL:078-306-0719 Email:start-up@fbri.org

チラシについてはこちらをご確認ください。

お問い合わせ

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
クラスター推進センター
〒650-0047 神戸市中央区港島南町 1丁目5番地2号
神戸キメックセンタービル7F

TEL:
078-306-0719
FAX:
078-306-0752