神戸医療産業都市推進機構 本庶記念神戸基金

ご挨拶

 神戸医療産業都市推進機構は、平成30年に前身である先端医療振興財団(平成12年設立)の発展改組により発足した公益財団法人です。令和2年に設立より20周年を迎えることができましたのも、ひとえに関係各位のご尽力の賜物と感謝しております。
 本機構は、神戸・ポートアイランドにおいて、先端医療にかかわる産学官医の人びとや情報、さまざまな知恵の橋渡しの役割を担い、知の拠点の構築を進めますとともに、健康長寿社会の実現に向けた課題解決策を、ここ神戸の地から世界に発信することを掲げて活動してまいりました。
 令和3年4月に開設した新たな研究施設「神戸医療産業都市推進機構20周年記念 次世代医療開発センター」におきましては、既存研究部の集約に加え感染症制御研究部を新設、また外部利用も可能な共用機器室や動物実験飼育施設を配することで研究機能の強化や研究開発の加速化をはかってまいります。
 この度、医学や医療の高度な研究に求められる機能の充実を目的として「本庶記念神戸基金」を創設いたしました。この基金は、皆様からのご寄付をお願いし、革新的医療技術をいち早く社会にお届けするための基盤施設の整備や研究支援に活用させていただく所存です。
 経済情勢の厳しい折から誠に恐縮ではございますが、本機構の更なる飛躍にかける思いをご理解いただき、何卒特段のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 理事長 本庶 佑

本庶記念神戸基金

本庶記念神戸基金は、医学・医療の高度な研究に求められる機能を充実させることにより、世界の医学・医療への貢献を目指して2020年11月に創設しました。
この基金は、広く個人や法人・団体の皆さまにご支援をお願いし、革新的医療技術をいち早く社会にお届けするための基盤施設の整備や研究支援に活用させていただきます。

【研究紹介】

本庶記念神戸基金 芳名録

本庶記念神戸基金 紹介パンフレット

ご寄付総額2021年8月現在

25,270,000

募集金額

  • 個人寄付
    1万
  • 法人寄付
    10万

※本基金の趣旨をご理解のうえ、複数口にてご支援いただけましたら幸いです。

寄付のしかた

寄付者(個人・団体)

機 構

  1. 寄付者が寄付申込書を機構に送る

  2. 機構より「通知書」を寄付者に送る

  3. 機構より送られた「通知書」に基づき、寄付者が入金する

  4. 寄付金の受領確認後、機構より寄付者に「領収書」を送る

  1. 寄付申込書に必要事項をご記入の上、郵送またはメール等にて下記宛先までお送りください。

    送付方法

    郵送

    〒650-0047
    神戸市中央区港島南町6丁目3番地の7 クリエイティブラボ神戸 5階
    公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 経営企画部 企画財務課 宛

    メール

    FAX

    078-306-1708

    寄付に関するお問い合わせは下記にお電話ください。

    医療の未来は神戸から
    リョウノライコウベカラ

    0120-138-078

    078は神戸の市外局番です。

    (通話料無料・平日午前9時〜午後5時)

  2. 当機構の担当者より、ご寄付受入れのお知らせと振込先の「通知書」を郵送、FAXあるいはメールでご連絡いたします。

  3. 選択された方法(銀行振込、クレジットカード)でお振込みください。

  4. 当機構より、ご寄付の「領収証」をお送りいたします。

    ※ご注意:領収証は確定申告の際に必要となりますので、大切に保管ください。

本庶記念神戸基金を支援する

寄付申込書

(銀行振込、クレジットカードいずれのお申込みにおいてもご提出ください)

申込書記入前に必ず研究奨励寄付金要綱をご確認ください。

銀行振込で寄付する

クレジットカードで寄付する

※クレジットカードでの決済金額の上限は、100 万円/月となります。

クレジット決済システムは、コングラント社のものを利用しております。
移動先のページでクレジットカード情報と必要事項を入力のうえ、決済を完了させてください。
お客様の個人情報はコングラント社が適切に管理いたします。

称号と特典

本基金をご支援いただいた皆さまを顕彰する独自の称号と特典をご用意しています。

※特典は希望された方を対象としています。

称号

ご支援の金額に応じた称号を贈呈いたします。

特典

称号に応じて特典を贈呈いたします。

※特典の内容につきましては、ウェブサイトでのお知らせを経て変更する場合もあります。

税法上の優遇措置

当機構は公益財団法人(特定公益増進法人に該当)の認定を受けています。ご寄付をした場合、税法上の優遇措置が受けられます。(※詳細は法人税法、所得税法、租税特別措置法によります。)

法人の場合
法人税について、課税所得の計算上、一般寄付金とは別枠で損金の額に算入されます。
個人の場合
  1. 所得税関係…年間2,000円を超える寄付をされた場合、寄付金控除の適用が受けられます。
  2. 相続税関係…相続により取得した財産を寄付された場合、寄付金額分が、課税対象額から控除されます。
  3. 市民税関係…神戸市内にお住いの場合、1)所得税関係に加え神戸市の個人市民税の寄付金税額控除の適用が受けられます。
控除方式 控除される金額 備考
税額控除 (寄付金額―2,000円)×40%を所得税額から控除 年間所得の40%の寄付が控除の限度です。所得税額の25%を限度として控除が認められます。
所得控除 (寄付金額―2,000円)を所得金額から控除 年間所得の40%が限度です。
※神戸市内にお住いの寄付者は、所得控除に加え神戸市の個人市民税について、寄付金税額控除の適用が受けられます。
HBIHBI 次世代医療開発センター

お問い合わせ

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 経営企画部企画財務課 基金事務局
〒650-0047 神戸市中央区港島南町6丁目3番地の7 クリエイティブラボ神戸 5階

専用フリーダイヤル
0120-138-078
(平日午前9時~午後5時まで)
FAX
078-306-0898
E-mail