プラスチックの総合企業が医療分野に新規参入医療現場のニーズを製品化 - 完全一体型輸液セット antileak®の事業化支援と製品PR

製品化事例 医療機器

The Challenge開発・製品化の背景

プラスチックの総合企業が
医療分野に新規参入

株式会社コバヤシは1946年創業のプラスチックの総合商社です。2014年に新規で医療機器事業部を設立し、医療従事者への抗がん剤の職業被爆という課題解決に向け、神戸市立医療センター中央市民病院と共同研究を開始。2016年にantileak®の販売を開始しました。

安心・安全・高効率な抗がん剤投与管理を実現

antileak®は完全に漏れない輸液ラインの研究開発を考えていた神戸市立中央市民病院の医療現場のニーズを製品化。曝露対策という概念が発祥したヨーロッパでスタンダードである「外さないから漏らさない」という常識を基本に開発し、国内で求められる低コスト、操作の簡便性、標準化の容易さの工夫を追加して完成しました。

The Solution神戸医療産業都市の支援

異業種からの進出および製品PRを神戸医療産業都市推進機構が支援

神戸市立中央市民病院のニーズと株式会社コバヤシの技術が結びついたのは、神戸医療産業都市推進機構(FBRI)の医療機器事業化支援策がきっかけでした。販売開始後はFBRIの成果事例集に複数回掲載されことによって多くの病院から注目され、現在では全国の病院で採用されています。

The Results達成した成果

国内初の抗がん剤曝露防止用輸液セット

antileak®は抗がん剤投与時の輸液ラインをいちど接続したら外さない構造とすることで、完全一体型で曝露防止が実現した国内初の輸液セットです。製品化後は、同社の医療機器部門の主力商品に育ち、数々の医療現場に導入されています。

神戸医療産業都市の事例に
関するお問い合わせ

相談を依頼する

Case Studies研究・製品化事例

支援事例をすべて見る

Services神戸医療産業都市の各種支援サービス

研究開発から事業化まで
ワンストップでサポート

神戸医療産業都市では研究開発から事業化まで、多種多様な企業様のニーズにマッチした多彩な支援サービスを提供しています。専任のコーディネーターがガイド役となり、ニーズ探索から研究、開発、薬事、販路開拓まで一貫したワンストップの支援を提供します。