先端医療研究センター動物実験飼育施設

事業内容

安全な実験動物飼育環境の提供と高度な動物実験支援を目指して

神戸医療産業都市推進機構動物実験飼育施設は「動物の愛護および管理に関する法律」に則り、「神戸医療産業都市推進機構 動物実験実施要領」によって管理・運営している動物実験飼育施設です。当施設には実験動物のスペシャリストならびに生殖工学技術者がおり、先端医療研究センター研究者の方々が科学的観点、動物愛護の観点および環境保全の観点から安心して最先端の実験動物の飼育・実験を行えるよう支援し、神戸医療産業都市におけるライフサイエンス発展に貢献できるよう目指しております。

動物実験飼育施設
施設長 若菜 茂晴(わかな・しげはる)

  • SPFレベルの
    マウス・ラット
    飼育施設
  • オープンラック
    および
    個別換気
    システムケージ
  • ABSL2対応の
    動物実験
    飼育施設
実験動物飼育のスペシャリストがマウス管理をいたします。
当施設は、「動物の愛護および管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」を踏まえ、当機構の「神戸医療産業都市推進機構動物実験実施要領」によって管理・運営いたします。
生殖工学技術のスペシャリストが各種マウスの導入をお手伝いします。
当施設はSPFレベルの微生物統御によって整備されており、外部研究機関から導入する場合、生殖工学的手法によって個体化導入をお手伝いします。
  • オープンラック

  • 個別換気ケージラック

  • 給水瓶充填装置

  • 飼育作業

  • 生殖工学室

  • 生殖工学作業

  • オートクレーブ

  • ケージ洗浄機&ガス洗濯機

  • オゾン消毒装置(発生&分解)

CONTACTお問合せ

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
動物実験飼育施設
神戸市中央区港島南町6丁目3番地の7 CLIK 1F

TEL
078-306-5014
MAIL