医療機器等事業化促進プラットフォーム事業内容

事業内容

医療機器等の開発・改良に向けた全国の病院・企業間の連携支援事業

医療機器等の優れた技術ニーズを日本全国から発掘し、ニーズとのマッチング、医工連携、事業評価、事業化戦略の立案、資金供給、特区内の研究開発インフラを活用した開発管理・支援、試作制作、トレーニングを経て事業化に繋げていくため、産学官が連携し、新たなプラットフォーム(仕組み)を構築します。

1.体制

神戸医療産業都市においてプラットフォーム構築のための事務局を設置するとともに、メディカルクラスターにおける優秀な臨床医、医療関連企業経験者、機器開発研究者等にアドバイザーとして参画いただきます。

2.活動内容

プラットフォームと、中核施設である国際医療開発センター(IMDA)や神戸医療機器開発センター(MEDDEC)を活用し、医療機器開発の早い段階から、臨床医等が参画して支援や事業評価等を行うことにより、迅速で効果的な開発を推し進める(IMDAの活用)とともに、製品化・事業化が見込めるものについては、試作制作・トレーニングする場所の提供と支援を行う(MEDDECの活用)ことにより、関西の医療機器クラスターにおいて、1つの医療機器開発の入口から出口までのトータルサポートを行います。


  • IMDA

  • MEDDEC