先手を打って行った医療産業進出 3Dプリンター導入異業種からの医療機器開発 - 超音波透過ゲル Echo Gel PAD開発の伴走支援

製品化事例 医療機器

The Challenge開発・製品化の背景

先手を打って行った医療産業進出
3Dプリンター導入

2006年、社歴70年目にして、半導体・機械分野で培ってきた精密加工技術の医療分野展開を決断した八十島プロシード株式会社は、当時全国で唯一、異業種の医療分野進出を支援していた神戸市の後押しを受け、医療機器販製造売業等とのコネクションを構築してきました。売上は順調に推移し、2011年には3Dプリンターを導入。2020年には3D市場拡大を見越し、神戸医療産業都市に自社工場を設立し、本社機能も集約しています。

自社生産の強味を活かし医療現場に寄り添う製品に

超音波診断では、凹凸のある体表面や表層部分を観察する場合において画像の抽出が困難となっています。Echo Gel PADを従来の軟質ゼリーに置き換えて使用することにより、凹凸部位や表在部位を明確に描出し、アーチファクトのない画像抽出が可能です。八十島プロシードは、Echo Gel PADの分子設計、配合調整、成型まで一貫して自社で実施。用途に合わせたオーダーメイドの形状の設計・成型のご相談にも応じています。

The Solution神戸医療産業都市の支援

異業種からの進出をコーディネーターが丁寧にサポート

異業種から医療分野に飛び込んだ八十島プロシード社は、医療知識に精通した社員が一人もいない中で医療部門を立ちあげ、医療系の学会に足しげく通い、少しづつ知識と人脈を広げていかれました。 当初から、神戸医療産業都市推進機構のコーディネーターが医療機器の開発に必要なノウハウを提供したり、新工場設立の際にもアドバイスを行うなど、継続的に支援を行っています。また、超音波診断用ゲルの開発は、2018年に神戸医療産業都市研究開発助成金の交付を受けスタートしました。

The Results達成した成果

日本全国に広がる使用実績

Echo Gel PADは現在、整形外科、形成外科、口腔外科など多くの診療分野で日本全国の病院で採用されています。また、工業用非破壊検査分野においては、水などを使用せずに検査が可能になるため応用が広がっています。

神戸医療産業都市の事例に
関するお問い合わせ

相談を依頼する

Case Studies研究・製品化事例

支援事例をすべて見る

Services神戸医療産業都市の各種支援サービス

研究開発から事業化まで
ワンストップでサポート

神戸医療産業都市では研究開発から事業化まで、多種多様な企業様のニーズにマッチした多彩な支援サービスを提供しています。専任のコーディネーターがガイド役となり、ニーズ探索から研究、開発、薬事、販路開拓まで一貫したワンストップの支援を提供します。