再生医療等製品・細胞医薬品の研究開発・製造・管理再生・細胞医療関連の産業と知の集積を活かし、基礎研究から研究開発、事業化までをサポートします。

Servicesサービス

細胞製剤の受託製造・共同研究・コンサルティング

神戸医療産業都市推進機構 細胞療法研究開発センター(RDC)では、PIC/S-GMPに準拠した、施設および組織体制のもと細胞製剤の受託製造を行っております。また、細胞加工施設(CPC)を自ら保有し、管理・運営してきた知見を活用し、神戸医療産業都市内の企業に対してCPC運営や製品開発・製造に関する技術的支援業務を提供しています。

People関連分野のキーパーソン

  • 神戸医療産業都市推進機構(FBRI)
    細胞療法研究開発センター長 医師・医学博士

    川真田 伸

    遺伝子・細胞治療が実用化段階に来ましたが、薬価が非常に高価なため、標準医療化には、細胞製造にイノベーションが必要と考えています。細胞製剤はクリーンルーム内で、ヒトの手作業で作られるため生産性が高いとはいえません。そこで当センターでは、製造段階のあらゆる情報をIT管理し、製品をより早くより安く提供するための次世代型細胞製造システムの開発に異業種と共同で取り組んでいます。

  • 神戸医療産業都市推進機構(FBRI)
    グループリーダー

    岩崎 麻美

    独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)からの出向で、PMDAの相談に関する疑問等、主に薬事の面からサポートさせていただきます。些細なことでも、PMDA戦略相談連携センターの薬事・PMDA相談支援をご利用ください。

  • FBRI クラスター推進センター
    ヴィジティング・ディレクター

    平松 隆司

    製薬企業で低分子創薬、バイオ医薬、再生医療の研究開発に長年携わった経験を活かし、先端医療の研究支援やバイオクラスターの国際連携を推進したいと思います。

  • FBRI クラスター推進センター
    チーフ・コーディネーター

    伊藤 沙織

    神戸医療産業都市の進出企業で勤務していた経験を活かし、創薬・バイオ・再生医療分野での、神戸医療産業都市の産学官医連携や事業化の更なる推進のため、きめ細かなサポートをいたします。

  • FBRI クラスター推進センター
    チーフ・コーディネーター

    笹山 美紀子

    国際社会の中で魅力ある都市づくりを推進していくことが出来るよう、積極的に諸外国と付き合い、人・物・情報の地球規模での移動・流通の支援に努めてまいります。

「再生医療等製品・細胞医薬品の
研究開発・製造・管理」に
関するお問い合わせ

相談を依頼する

Case Studies研究・製品化事例

事例をすべて見る

Other Servicesその他の各種支援サービス

研究開発から事業化までワンストップでサポート

神戸医療産業都市では研究開発から事業化まで、多種多様な企業様のニーズにマッチした多彩な支援サービスを提供しています。専任のコーディネーターがガイド役となり、ニーズ探索から研究、開発、薬事、販路開拓まで一貫したワンストップの支援を提供します。