オープンイノベーションで再生医療の実用化を加速細胞自動培養装置 iACE2 (アイエースツー)
都市内企業との連携開発を支援

製品化事例 再生医療 医療機器

The Challenge開発・製品化の背景

オープンイノベーションで再生医療の実用化を加速

日立製作所は再生・細胞医薬分野を研究重点領域の一つとしている住友ファーマ(旧 大日本住友製薬)や京都大学と研究を推進し、細胞自動培養装置iACE2(アイエースツー)を完成しました。iPS細胞の実用化に向けた取り組みが国内外で急速に進む中で、課題となっているのが細胞の大量培養技術です。再生・細胞医療分野のプロジェクトを推進しているパートナーとの連携を経て実現した本製品により、品質の高い細胞を安定的に提供することが可能となりました。

The Solution神戸医療産業都市の支援

神戸医療産業都市内企業との連携

日立製作所は2017年に神戸医療産業都市に「日立神戸ラボ」を開設されました。埼玉県の基礎研究センタから神戸医療産業都市に拠点を移したことで、パートナー企業である住友ファーマの研究施設が近くなり、自動培養試験がスムーズになったことが製品化を後押し。神戸医療産業都市の連携環境が開発サポートとなった事例となります。

The Results達成した成果

国内初の細胞自動培養装置

iACE2は、再生医療等製品に使用するiPS細胞の商用製造が可能な装置として、国内で初めて製品化され、2019年に第1号機が住友ファーマの再生・細胞医薬製造プラント(SMaRT)に納入されました。再生医療等製品の製造管理および品質管理の方法に関する基準であるGCTP省令に適合させるために必要な機能を有した、国内初の装置として、臨床に使用するiPS細胞を大量に自動で培養することができます。

神戸医療産業都市の事例に
関するお問い合わせ

相談を依頼する

Case Studies研究・製品化事例

支援事例をすべて見る

Services神戸医療産業都市の各種支援サービス

研究開発から事業化まで
ワンストップでサポート

神戸医療産業都市では研究開発から事業化まで、多種多様な企業様のニーズにマッチした多彩な支援サービスを提供しています。専任のコーディネーターがガイド役となり、ニーズ探索から研究、開発、薬事、販路開拓まで一貫したワンストップの支援を提供します。