ヘルスケアHealthcare

「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」の推進

神戸市で理化学研究所を中核機関として進めている「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」は、個人が将来にわたり“生き活き”と健康な人生を送るための指針=「羅針盤」を提供するため、ライフサイエンス・ナノテクノロジー・コンピューターサイエンス等の先進的分野を融合し、科学に裏付けられた健康管理を提案する仕組みづくりを進めています。研究機関・大学・病院・企業等が集積している神戸医療産業都市の地の利を活かして“個別健康の最大化”を実現する国際拠点を構築し、新たな産業・事業および雇用の創出に取り組みます。

ヘルスケアサービス開発支援事業

神戸医療産業都市では、これまで対象としてきた「再生医療・医療機器・創薬」といった医療分野から、「休養・栄養・運動」といった市民生活により身近なヘルスケア分野へと研究領域を広げます。企業と研究者の製品開発・事業化に、市民もモニターとして参画してもらう産学民協働によるヘルスケアサービス開発支援事業を行っています。

先制医療の実現に向けて

疾病の発症より早い段階で、疾病の要因を診断・予測して適切に対処できれば、疾病の発症を防止、または遅らせることができるほか、治療費や介護費の軽減につながると考えられます。
このように、疾病の発症前に治療的介入を行うことを「先制医療」と言い、発症の前段階から診断や予測を行うバイオマーカーの探索や、個人の体質や病気のなりやすさ、遺伝的背景などのデータを蓄積し、総合的に解析することで、健康長寿の実現と日本の医療産業への貢献を目指しています。