進出企業紹介COMPANY LIST

神戸医療産業都市における
企業・団体の集積状況

350

社/団体

(2018年11月末 現在)

神戸医療産業都市の
進出企業・団体の情報データベース

このサイトは、ビジネスネットワークと神戸クラスターの形成促進を目的に、
ポートアイランドへの医療系進出企業様の事業概要を掲載したものです。
進出企業様・団体様のポートアイランドでの業務内容、名称、キーワードから
データベースを検索できます。

企業名・団体名・キーワードから探す

  • 分類で探す
  • 施設から探す
  • 50音から探す

株式会社ケーセル研究所

メイン分野:CRO

サブ分野:再生

再生医療等製品製造における品質管理システムソフトウェアの研究開発

事業概要

細胞製造が産業になるための多くの課題解決が必要とされています。 細胞製造の産業化実現のため、医薬品の製造、細胞医薬品の製造、細胞治療および遺伝子治療に関する研究開発、研究受託、技術指導に関するコンサルティングおよび技術開発事業を行います。

製品・サービス・PR

    〈研究活動〉 細胞加工製品等の無菌性保証及び製品の品質を担保でき、且つ製造コストを軽減出来る次世代の細胞製造管理にも繋がるシステムソフトウェア要件、統合化の研究を行います。
住所: 〒650-0047  神戸市中央区港島南町1丁目5番4号神戸臨床研究情報センター 3F  (担当者 柳 裕啓)
TEL: 078-335-5691

大日本住友製薬株式会社 再生・細胞医薬神戸センター

メイン分野:創薬

サブ分野:再生

再生医療および細胞医薬に関する研究

事業概要

大日本住友製薬グループは、医薬品事業を中核とし、その他、食品素材・食品添加物・化学製品材料、動物用医薬品、診断薬・研究用資材などの事業を展開しています。 日本はもちろん世界の方々に革新的で有用な医薬品をお届けするため、新薬の研究開発に全力を注ぐとともに、顧客満足度の向上を目指して、医薬品の情報提供活動を行っています。また、その他の事業では、医薬品事業で培った高度な技術やノウハウを活かした事業を展開しています。

製品・サービス・PR

    当社は、アンメット・メディカル・ニーズの高い精神神経領域とがん領域を重点領域とし、革新的な医薬品の創製を目指しています。さらに、iPS細胞などの最先端サイエンスを創薬に応用するとともに、治療薬のない疾患分野及び再生・細胞医薬分野において、世界初の治療薬の創出を目指しています。 2014年にここ神戸ポートアイランドにて再生・細胞医薬神戸センターを開設して再生医療および細胞医薬事業への取り組みを本格化させ、特にヒトiPS細胞を原材料とした各種細胞医薬品の開発研究および製造検討に取り組んでいます。
住所: 〒650-0047  兵庫県神戸市中央区港島南町1-5-2神戸キメックセンタービル 5F  (担当者 岸野晶祥)
TEL: 078-306-2170 FAX: 078-303-4040
Web site: https://www.ds-pharma.co.jp/inquiry/contact.php

東京エレクトロン株式会社

メイン分野:再生

サブ分野:創薬

細胞治療の実用化に向けた多能性幹細胞の規格化に関する研究

事業概要

東京エレクトロン(東京証券取引所:8035)は、半導体製造装置のリーディングサプライヤーとして幅広い製品の開発・製造・販売を行っています。また、半導体製造装置の分野で蓄積した専門技術を生かして、フラットパネルディスプレイ(FPD)製造装置も手がけています。半導体製造装置およびFPD 製造装置は、世界市場で高いシェアを獲得しています。

製品・サービス・PR

    公益財団法人先端医療振興財団と共同で、多能性幹細胞を用いた細胞治療の実現に向けた新しい細胞培養および検査手法を研究しています。当社が半導体製造装置事業で培った有形・無形の知見や技術力が、これらの研究分野においても応用できる可能性があります。当社の技術が異業種と融合することにより、新たな分野にも寄与できることを期待しています。
住所: 〒107-0052  東京都港区赤坂5-3-1赤坂Biz タワー  (担当者 木下 喜夫)
TEL: 03-5561-7197 FAX: 03-5561-7066
Web site: http://www.tel.co.jp/ 

株式会社ヘリオス

メイン分野:再生

細胞医薬品・再生医療等製品の研究・開発・製造

事業概要

『「生きる」を増やす。爆発的に。』をミッションに掲げ、iPS細胞をはじめとした細胞技術により、現在治療法のない疾患に対する治療法の開発を目指す、2011年設立のバイオベンチャー企業。 iPS細胞由来網膜色素上皮細胞移植による加齢黄斑変性治療法開発に加え、臓器原基による代謝性肝疾患の治療法開発、さらには幹細胞製品による脳梗塞急性期の治療法開発につき米国バイオベンチャーよりライセンスを導入し、事業領域を拡大。

製品・サービス・PR

    【体性幹細胞再生医薬品分野】  米国Athersys, Incの開発する幹細胞製品による脳梗塞急性期の細胞医薬品の日本国内における開発を進めている。 【iPSC再生医薬品分野】 世界初のiPS細胞由来細胞の移植手術となった、理化学研究所等による臨床研究の実用化を目指し、加齢黄斑変性の治療法の開発を推進。 また、横浜市立大学との共同研究により、iPS細胞等から作製した臓器原基による代謝性肝疾患の治療法開発を進める。
住所: 〒650-0047  兵庫県神戸市中央区港島南町1-5-2神戸キメックセンタービル3階 
Web site: https://www.healios.co.jp/