進出企業紹介COMPANY LIST

神戸医療産業都市における
企業・団体の集積状況

350

社/団体

(2018年11月末 現在)

神戸医療産業都市の
進出企業・団体の情報データベース

このサイトは、ビジネスネットワークと神戸クラスターの形成促進を目的に、
ポートアイランドへの医療系進出企業様の事業概要を掲載したものです。
進出企業様・団体様のポートアイランドでの業務内容、名称、キーワードから
データベースを検索できます。

企業名・団体名・キーワードから探す

  • 分類で探す
  • 施設から探す
  • 50音から探す

分類別リスト創薬

35件のうちの 110

分類から探し直す
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. >

施設別リスト

35件のうちの 110

施設から探し直す
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. >

企業・団体名の頭文字を選択してください。 例)株式会社ABC →「あ」

50音別リスト

35件のうちの 110

50音から探し直す
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. >

株式会社朝日ラボ交易(ALCOM)

メイン分野:理化学

サブ分野:創薬

サブ分野:化学合成

理化学機器、科学機器、バイオ関連消耗品等の輸入販売、輸入代行

事業概要

主に製薬・ファインケミカルメーカーなどの研究所・プロセス化学部門のほか大学研究室向けに卓上型NMRなど先端理化学機器・バイオ消耗品を欧米より輸入し国内へ卸販売・テクニカルサービス・アプリケーション等をトータルで提供致します。フローマイクロ技術によるスケールアップコンサルや輸入代行サービスも提供しています。

製品・サービス・PR

    ・卓上型NMR(冷媒不要)Magritek社Spinsolveは1H,19F,13C,31P,2D, リアルタイムモニタリング可。 ・マイクリリアクターFlowStart EVO, 温度、ガス、光など多様な反応可。 ・PET用トレーサー(18F、11C)合成装置 Flow Safe。 ・Bochem社ラボジャッキ・ステンレス製ファーニチャー、チューブ立、ブンセンバーナー、スタンド・クランプ類 ・カセット式安全バーナー、クリーンベンチで使用最適、UVや溶媒に耐性。 ・Texwipe社(USA)クリーンルーム用滅菌ワイパー・IPA含有ワイパー等 ・Flowid社(オランダ)遠心式有機合成装置SpinPro(ファインケミカル・製薬)。 ・HEL社(イギリス)フロー式水素添加装置・パラレル合成装置・培養装置他。
住所: 〒650-0046  神戸市中央区港島中町4丁目1-1 ポートアイランドビル6階  (担当者 安田千代子、金山在孝)
TEL: 078-335-8613 FAX: 078-335-8614
Web site: http://www.asahilab.co.jp/

株式会社 E・テック

メイン分野:医療機器

サブ分野:創薬

新規揮発性消毒剤および歯科用医療機器の研究開発

事業概要

①医療機器の開発、販売。②新規消毒剤の開発、商品化。 弊社は研究を重ねた結果、人体に安全でありながらも殺菌力が強い消毒剤として、オイルをベースとした消毒剤であるオゾノイルα、βを開発することができ、各国の特許を取得しました。オゾノイルαは医療機器や食品製造ライン等で"抗菌作用を兼ね備えた潤滑油"として、既に製品化されました。オゾノイルβは、高水準消毒剤と同等以上の殺菌力を持ちながらも人体に安全な揮発性消毒剤として製品化を進めております。

製品・サービス・PR

    【主要製品】デンティスターⅡエコ(殺菌消毒器)、シールド(紫外線殺菌保管庫)、サーチ(口腔内カメラ)、オゾノイルアルファ(除菌潤滑メンテナンスオイルスプレー)、ブレキシィ(口臭測定器) 等 【PR】弊社代表が長年、直接医療現場で携わってきた経験と、各研究機関との連携を通して、ー これから、未来に必要なものは何かー 弊社ができることは何かー 常に創意工夫をもって皆様に信頼されるものづくりで、社会に貢献して参りたく思います。
住所: 〒650-0045  兵庫県神戸市中央区港島9丁目1番地神戸インキュベーションオフィス316号室  (担当者 柴田 浩)
TEL: 078-335-5425 FAX: 078-335-5426
Web site: http://www.e-teck.co.jp

株式会社Epigeneron

メイン分野:創薬

サブ分野:DNA

サブ分野:診断薬

転写やエピジェネティック制御等のゲノム機能の異常に起因する難治疾患の治療法の開発

事業概要

株式会社Epigeneronは2015年4月に設立された大学発ベンチャー企業で、2018年5月にポートアイランドの神戸国際ビジネスセンター (KIBC) に開設されたバイエル薬品CoLaborator内に研究所機能を移転させました。生命機能を解析するための新しい技術の開発を基盤として、製薬企業・診断薬企業との共同研究等を積極的に展開して、難治疾患の治療薬や分子標的薬のコンパニオン診断薬の開発を進めています。

製品・サービス・PR

    1. 遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法 (ChIP) 法
     特定ゲノム領域を単離して、結合蛋白質やRNA、遺伝子発現調節領域を同定できます。遺伝子発現の異常に起因する難治疾患の創薬標的の同定を進め、治療薬の開発を推進します。
    2. Oligoribonucleotide interference (ORNi) -PCR法
     遺伝子変異細胞を簡単に検出できます。正常細胞内にわずかに含まれる変異細胞を感度良く、陽性シグナルとして検出でき、分子標的薬のコンパニオン診断薬等の開発に応用できます。
住所: 〒541-0047  大阪府大阪市中央区淡路町2-5-11  ASAビル3F (担当者 藤井 穂高)
TEL: 090-6060-4696
Web site: http://epigeneron.com E-mail: hodaka.fujii@epigeneron.com

株式会社LSIメディエンス

メイン分野:サービス

サブ分野:創薬

サブ分野:診断薬

臨床検査受託、診断薬・機器の開発・製造・販売、非臨床試験・治験受託等

事業概要

弊社は受託臨床検査や診断薬・診断機器の開発製造等、また創薬支援分野における非臨床試験や治験といった検査・分析サービスを展開するのみならず、それらで培った技術や知見、また全国ネットワークを通して、健康検診や食の安全の分野でもさまざまなサポートやサービスを行なっています。また、グループ企業では遠隔地のCT・MRIの画像診断をサポートする遠隔画像診断支援サービスなど、ヘルスケア領域において幅広い事業を展開しています。

製品・サービス・PR

    【臨床検査事業、診断薬事業】総合臨床検査センターとしての長い経験と、臨床検査薬・臨床検査機器の開発・製造・販売の実績をもとに、医療機関に対して臨床検査から診断システム導入まで一貫したサービス・サポートを提供するとともに、病院検査室の運営支援や各種診断支援サービスの導入など、検査業務の最適化・効率化に関するさまざまな提案活動を行なっています。【創薬支援事業】製薬企業等へ各種分析・試験・解析のサービスを提供しています。非臨床試験から治験までのシームレスなサービスをはじめ、個別化医療に関わる試験・検査にも注力しています。
住所: 〒101-8517  東京都千代田区内神田一丁目13番4号THE KAITEKIビル  (担当者 総務・法務・知財部)
TEL: 03-5577-0401 FAX: 03-5577-0451
Web site: http://www.medience.co.jp/

大塚製薬株式会社

メイン分野:医薬品

サブ分野:創薬

サブ分野:化粧品

中枢神経疾患、がん、その他疾患に対する創薬研究、ならびに再生医療のための研究

事業概要

疾病の治癒から日々の健康増進までを目指した「医薬関連事業」と「ニュートラシューティカルズ関連事業」の両輪でトータルヘルスケアカンパニーとして事業を行っており、80以上の国と地域に製品をお届けしています。世界の難しい健康問題に挑戦し、独創的で革新的な製品と新しいカテゴリー市場の創出により、世界中の人々の健康に貢献していきます。主な事業内容は、医薬品・臨床検査・医療機器・食料品・化粧品の製造、販売、輸出並びに輸入です。

製品・サービス・PR

    医療関連事業では、コア領域である中枢神経領域とがん領域における成長を牽引する新薬群を中心に様々な挑戦を続けています。中枢神経領域では、抗精神病薬の月1回投与の持続性注射剤を日米欧で販売し、さらに新規抗精神病治療薬を米国で販売開始しました。難病のADPKD(多発性のう胞腎)に対する世界初で唯一の治療薬を日本、欧州等で販売しています。 ニュートラシューティカル関連事業では「ポカリスエット」「ネイチャーメイド」N&S製品「ソイジョイ」といったグローバルブランドを海外において展開し持続的成長につなげています。
住所: 〒771-0192  徳島県徳島市川内町加賀須野463‐10  (担当者 中澤 徹)
TEL: 088-665-2126 FAX: 088-665-2302
Web site: https://www.otsuka.co.jp/

株式会社オフテクス

メイン分野:医薬品

サブ分野:創薬

コンタクトレンズケア用品、眼科医薬品等の研究開発、製造、販売

事業概要

当社の企業ビジョンである「一人一人の健やかなビジョンを守ること」を実現すべく、コンタクトレンズの消毒・洗浄剤の研究開発を行い、全ての製品の研究、生産を国内で行っております。 現在は国内のみならず、海外へも「メイドインジャパンのオフテクス」として様々な製品をお届けし、コンタクトレンズ装用者様の快適なコンタクトレンズライフを世界中でサポートしています。

製品・サービス・PR

    世界で初めてポビドンヨードをソフトコンタクトレンズの消毒剤として製品化した『cleadew ファーストケア』をはじめ、夕方までレンズが乾かないMPS『cleadewリペア&モイスト』など、コンタクトレンズユーザーのあらゆるニーズに対応した独創的かつ画期的な製品を発売しております。 また、医薬品として防腐剤フリーの人工涙液ブランド『ティアーレ』を発売しております。
住所: 〒650-0047  神戸市中央区港島南町5丁目2番4  (担当者 飯田 政明)
TEL: 078-306-2239 FAX: 078-306-6309
Web site: http://www.ophtecs.co.jp

オンコリスバイオファーマ株式会社

メイン分野:創薬

サブ分野:医薬品

サブ分野:診断薬

医薬品の研究開発

事業概要

ウイルス学に立脚した独自の創薬を推進 当社は、「Virology(ヴィロロジー/ウイルス学)に立脚した創薬」を事業のコンセプトとして、医薬品事業及び検査事業の両輪による企業活動を推進しています。 医薬品事業においては「がんと重症感染症」を対象に、これら難病への新たな治療オプションとなる安全で有効な新薬を創出し、検査事業では当社のプラットホーム技術であるウイルスの遺伝子改変技術を活かした新しい検査サービスを提供します。これらの成果により複合的な収益構造を築き、より安定した経営環境において現有する新薬候補品の開発を加速させ、さらに将来への事業継続・拡大のために新薬シーズの探索、導入を積極的に行っていきます。

製品・サービス・PR

    テロメスキャンは、がん細胞で特異的に増殖するウイルス遺伝子の中にクラゲの緑色蛍光タンパク質「GFP」の遺伝子を組み込み、がん細胞を特異的に蛍光発光させます。 この作用によってこれまでの技術では検出が困難であったCTC検出が可能となり、幅広いがん種の検出を行い、がんの超早期検査、予後予測、体外検査などへの応用を考え、開発が進められています。特に、既存技術では効率的に検出できなかった肺がんや、今後罹患数の増加が予測される前立腺がんや乳がんのCTCに焦点を当て、血液中のCTCの個数ばかりではなく、悪性度の評価をするサービス(T-CAS)を行い、がん患者の予後予測や治療法の選択を可能にすることが期待されています。更にCTCを用いた遺伝子解析サービス(T-GEN)を可能とし、危険を伴うがんの組織生検を行うことなく、がん患者に適した抗がん剤の選択を容易にすると期待されています。
住所: 〒105-0001  東京都港区虎ノ門4-1-28  (担当者 経営企画部)
TEL: 03-5472-1578 FAX: 03-5472-1488
Web site: www.oncolys.com

カルナバイオサイエンス株式会社

メイン分野:創薬

サブ分野:医薬品

サブ分野:受託

創薬事業、創薬支援事業

事業概要

創薬と創薬支援を同時に手掛ける創薬系バイオベンチャー

カルナバイオサイエンス株式会社は、日本オルガノン社から2003年4月にスピンオフして設立され、2008年3月にジャスダック証券取引所NEO(現東京証券取引所JASDAQグロース)に株式上場しました。
長年の研究開発活動で培ったキナーゼ阻害薬を創製するための「創薬基盤技術」をベースに、当社独自のキナーゼ阻害薬を創製するための研究開発を行う創薬事業と、製薬企業等の創薬をサポートする創薬支援事業を手掛けています。
創薬事業では、2016年5月に、カナダのSierra Oncology社と当社が開発したCDC7阻害薬の導出契約を締結しました。創薬支援事業では研究用試薬として提供している367種類(2018年2月末現在)の高品質なキナーゼタンパク質の品揃えは世界トップレベル。顧客は全世界の研究機関であり、グローバルに展開しています。北米ではCarnaBio USA(子会社)を中心に、欧州や中国、印度などのアジア地域では、直販もしくは代理店を活用し売上拡大に取り組んでいます。

製品・サービス・PR

    <創薬事業> 治療効果が高く、副作用が少ない経口の分子標的薬(キナーゼ阻害薬)の創製に取り組んでいます。当社の創薬の重点領域はがん、免疫炎症疾患等のアンメットメディカルニーズが高い疾患です。キナーゼ阻害薬の創製に関する最先端の研究技術と、経験豊富な研究者を有しており、自社単独のみならず、国立がん研究センターや大学等のアカデミアと多くの共同研究を実施し、次世代の研究テーマを含め活発に研究開発を行っております。 <創薬支援事業> 国内・海外の製薬企業等のキナーゼ阻害薬の創薬研究に貢献する下記の製品、サービス等を提供しています。 1. キナーゼタンパク質  2. アッセイ開発  3. プロファイリング・スクリーニングサービス  4. セルベースアッセイサービス 顧客である製薬企業等が当社の製品・サービスを利用することにより、研究開発の期間短縮およびコスト削減に寄与しています。大手製薬企業等の主要顧客から、継続的な注文があり、当社グループが提供する創薬基盤技術に基づくサービスは高く評価されています。
住所: 〒650-0047  神戸市中央区港島南町1-5-5BMA3F  (担当者 大河内 勝秀)
TEL: 078-302-7039 FAX: 078-302-6665
Web site: http://www.carnabio.com

株式会社カン研究所

メイン分野:創薬

サブ分野:DNA

医薬品のシーズ創出の基礎研究

事業概要

生命の最小単位である細胞を出発点に、神経変性疾患、がんの再発・転移、難治性免疫疾患を重点研究領域として、疾患の予防や創薬につながる生命現象を理解する統合細胞生物学(Integrative Cell Biology for Medicine)研究を通した新規創薬コンセプト創出を推進します。最新の知見や技術の取得と醸成を通し、組織の垣根を越えた個の集合知によりサイエンスに貢献するとともに、エーザイのグループ研究所であることを利とし、得られた知見を新規医薬品開発へ結実させます。

製品・サービス・PR

    カン研究所では社員一人ひとりの個性や多様な価値観を尊重しています。 サイエンスを通じた新しい創薬への気概を持ち、患者様の想いや医療現場の実情の理解に努めながら、Unmet Medical Needsを充足するユニークな研究所として活動していきます。 K nowledge 集積した知見を A ction 実行に移し N etwork 密な連携により さらなる発展を志向すること。 私たちはこの研究哲学を通じ、ヒューマンヘルスケア(hhc)に貢献します。
住所: 〒650-0047  神戸市中央区港島南町六丁目8番地2  (担当者 柴田 寿)
TEL: 078-306-5910 FAX: 078-306-5920
Web site: http://www.kan-research.co.jp E-mail: KAN-inquiry@kan.eisai.co.jp

神戸学院大学 ライフサイエンス産学連携研究センター

メイン分野:大学

サブ分野:創薬

サブ分野:化学合成

薬学部及びライフサイエンス産学連携研究センター(LSC)

事業概要

神戸学院大学産学連携研究センターは、先の文科省支援による学術フロンティア推進事業採択時に設立され、後続の戦略的研究基盤形成支援事業(2012年~2016年)のプロジェクトを中心に5つの研究テーマで運営しています。設立から約10年、より多くの学内外多方面の専門家との連携体制を築き、神戸市が進める「神戸医療産業都市」の一端を担うことができました。今後も産業界と連携をとりながら研究成果の実用化を目指していきます。

住所: 〒650-8586  神戸市中央区港島1-1-3  (担当者 津田 裕子)
TEL: 078-974-4911 FAX: 078-974-4661
Web site: http://www.kobegakuin.ac.jp/~kgulsc/index.html